上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.08 許せないこと
本人の承諾を得て、過去にパス抜きの被害にあった方の一言を掲載させていただきます。

この方が最近のパス抜き多発に巻き込まれてしまった方へのコメントです。



今回の件・・・言うべき言葉も見つかりません。
ただ、○○さんのコメント返信の中に、
泣き寝入りするつもりはありませんとの言葉を見つけたのでコメントさせていただきました。
以前一緒に武器庫で狩ったキャラは105LVの時点でパス抜きにあい、キャラデリされています。
わたしはネクソンを当てにしていなかったので
翌日に警察とネクソン両方同時に対応を依頼しました。
警察はすぐに事件性があるとして話を聞いてくれましたがネクソンの対応は最悪でした。
警察署のメールで担当刑事が送って、やっと一ヵ月後にネクソンから返事が警察署あてにきました。
わたしがネクソンに送った5回ほどのメールに返事はいまも来ていません。
警察も驚くほどのユーザーフォローの怠慢さだそうです。
本当に紆余曲折あったのですが
結果として犯人は半年後に特定されました。
このことは警察からゲーム内であまり詳しく言わないように注意を受けていますので言える範囲でしかお伝えできませんがわたしの犯人は未成年者でした。
過去にも何件もパス抜きをしていることを認めており
余罪を現在追及しこれから家裁で裁定されるようです。
しかしすでに少年からわたしあてに直筆の謝罪文や、直接会ってお詫びしたい、弁済できるものは払いたいといっている少年の親の話などを警察の担当者から聞いています。
犯人が特定されれば、どんな奴が、なぜ抜いたのか
なぜ自分だったのか、どう詫びるつもりなのかきちんと聞くことが可能です。
ネット上でキャラ対キャラでは出来ることは限られてしまいますが現実社会という土俵で個人対個人にたてば
犯人にはしかるべき道が待っています。
もし現実で決着つけようと思っておられるのであれば
アドバイスできることもあるかと思いコメントさせていただきました。
私事ですがわたしはパス抜きされてから一度メイポを撤退しました。
メルとアイテムを奪われキャラデリされて
自分が大事にしてきたものって、
なんだぁあんなあっけなく無くなっちゃうただのデータだったんだってそのとき思いました。
でもそのときメイポ撤退してからもメイポの友達とは関係が途切れることなくメールしたりして・・・
××なんてメールで「強化がうまくいかない」とか
「釣りがうまくできない」とか相談してくるんですよw
わたしそのときメイポやめてるのにw
なんていうか、うまく言えないんですけど
今回、なにもかも奪われたわけじゃないと思います。
こんなにたくさんのコメントを残してくれる友達は
○○さんが○○さんである限りきっと失うものじゃない。
結局数ヶ月後にわたしはメイポに戻りキャラはIDごと作り直しました。
現在==LVの石弓使いと==LVのプリーストです。
警察に行ったほうがいいですよ!とか
メイポやめないほうがいいですよ!とかでなく
経験者のほんの呟きです。
もしお役に立てる話ができていたら幸いです。
もし気分を害してしまったら心からごめんなさぃ・・・
○○さんの心に平穏が一日も早く訪れることを祈ります。
長文失礼しました。



やはり一人の人間として生きているうちは、許せないことというのは存在する。

メイポの中でもしかり、一人のキャラクターとして生きているわけだから。


たとえば横狩り。


狩場共有は当然のことと考えているから、よっぽどのことが無い限りは、一声かけていただければ狩場共有や、場合によっては狩場を明け渡すこともある。

無言で狩り出したとしても、悪意がなく、邪魔する気配がなければ、こちらから何を言うことも無く、うまくお互いが狩れるように分担する。


ただ悪意のある横狩り、これはやっぱり許せない。


一応いい人だから、とか横ってルールは勝手に決まったことだから、とか言うけれど、やはり回線越しに自分を邪魔して快楽を得てる人を想像すると、それだけで腹が立つし、気味が悪い。




ただし、許すことはできなくても我慢することにはしている。



たかがネットゲームといえど、メイポの中では一つの社会が生まれている。社会の中ではいろいろな人が生活しており、もちろん性格もさまざま、理解できないことも沢山あるだろう。


一人の人間が大きな社会のすべてを把握することは到底無理な話。


『世の中いろんな人もいるもんだ』と自分を納得させ、身を引くことで、この社会にうまく自分を埋没させ逃げ道を作ることにしている。



こんな『社会』にも最低限のルールがある。横などはその最低限のルールには含まれないだろう。


社会の最低限のルールを破ったものはしっかり取り締まられなくてはいけない。現実世界で言う犯罪ということ。


現実社会とは違い、メイポの社会では取り締まる側の人間がいない、正確にはいるのだが、働くことをやめてしまっている。














現在李でパス抜きが多発してます。


一応自分も対策はしているのですが、回りのお世話になった人達がどんどん被害にあっているのは、正直悲しさと憤りで胸が一杯です。


最初の文を読んで分かるとおり、こんなことしても結局だれも得しないのに・・・



自分の力ではどうにもならないことは分かっていますが、社会に属する一人の人間として、隣人が生活を脅かされることも、社会が破壊されることも阻止しなくてはならないと思っています。



もしパス抜きをしている方が見ていれば、一刻も早くやめてもらいたい。

そして、今回のパス抜きの被害にあってしまった方には自分のできる限りの援助をさせていただきたい。





そして、もし自分がこの社会から消されてしまったら・・・







その後も社会に属する人達に戦うことをやめて欲しくない。






たかがゲーム、されどゲーム。人との結びつきは現実のものとは等価ではないと言う人もいるかもしれないけど・・・









思いやりのない社会なんてつまらないじゃない?

















返信
>>苺c
やっぱりネクソンはだめだめだわ;でも、精一杯できることぐらいはできるようにがんばるさb

>>匿名s
本当にご迷惑おかけしました。自分のブログに貴方の文章を載せてもおそらくまったく抑制にはならないでしょうね・・・

でも、自分でできることをしておきたいというのもあったし、何よりこのようなことがあったことを周りに伝えるだけでも少しは意味があると思ってます。

ご協力本当に感謝します^^
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://maplegypsies.blog87.fc2.com/tb.php/35-09506831
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。